風が風であることをやめる場所
基本的には娯楽ドラマやマンガなどの娯楽関係のレビューをしていますが、ポイントサイト紹介やニュースについての感想などもしています。あとたまに私事についても
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
逆転裁判4 第四話
ついに逆転裁判4の最後のレビュー。第四話は第一話と第三話で貼られた付箋を回収しつつ、前作の主人公成歩堂が弁護士をやめるきっかけとなった7年前のが明らかになっていきます。感想はシリーズ第一弾のDL6号事件を思い出させる様な今まで貼られていた付箋を次々と回収していく様がなんとも爽快でした。現代と7年前を行き来し事件の謎を次々と解明していく作業はとても楽しかったです。全体ととしてどても面白かったです。しかし、4話の主人公は成歩堂の側面が強く、オドロキの影が薄かったのはどうかと。

さて全クリをしたところで逆転裁判4全体のレビューをしてみたいと思います。逆転裁判4は今までのキャラクターや設定などを一新して出した作品です。システムのほうはほどんど変わりなかったですがキャラクターのほうは明らかに前作のほうがよかったです。サブキャラクターのほうはそうでもなかったのですが主人公も含め前作よりも落ちてしまったのは実に残念でした。しかし、それとうって変わって謎解きやストーリーのほうはDSの機能をよく使っていたり前作と比べてもそん色なくよかったです。3で物語を完結してしまったので新シリーズと突入したのは仕方がないですが、ファンとしては今まで魅力的だったキャラクターがどこかにいってしまったので全体としてはおもしろかったけどなにか物足りない感じでした。しかし、続編が作られるようなだったのでこれから推理ものとしての面白さを維持したままキャラクターなどをもっと盛り上げていってほしいです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reuben.blog73.fc2.com/tb.php/12-6dff79c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。