風が風であることをやめる場所
基本的には娯楽ドラマやマンガなどの娯楽関係のレビューをしていますが、ポイントサイト紹介やニュースについての感想などもしています。あとたまに私事についても
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時効警察 第三話 プクー
今回はシリーズのなかでもかなりぶっ飛んだ内容でした。最初から最後まで時効警察独特のゆる~い雰囲気全開。わけのわかない事件にぶっとんでる人たちが挑むこのドラマは、もはやどこを目指しているのかわかりませんw。しかし今回はオリジナルマスコットが誕生したり、初代ウルトラマンの俳優(名前をしりませんorz)と杉本彩がでてたり妙に豪華でした。

スポンサーサイト
近況
まず最初に100ヒット達成しました。ほかのホームページをもっている人にとっては大したことではないかもしれませんけど、自分はこのブログがはじめてのホームページなのでとてもうれしいです。見てくれてくださる方本当にありがとうございます。m(_ _)m
ゴールデンウィークの計画が全然立っていません(涙) 短期のアルバイトをする、旅行にいく、遊びまくる、ごろごろするなどいろいろと考えてはいるんですがどうなるかほんとわかりません! 結果はちゃんと書くので楽しみにでもしていてください。
セクシーボイスアンドロボ 
漫画が原作のこのドラマ。原作はなんかの賞もとったこともある作品のようです。自分は詳しくはしらなかったのですが「将来はスパイか占い師になりたいという中学生ニコと、フリーター青年のロボによる現代日本の都会劇」という内容に興味を引かれて先週から見ています。デスノーートのLでおなじみの松山ケンイチが主演です。作品の感想をしますと序盤はロボを中心として笑わせてくれて後半からいろいろと考えさせられるような内容を展開し、最後は感動というよりは心が温かくなるような感じで終わります。自分はこのような作品が大好きなので現在放送中のドラマでは一番好きです!。とっつきにくそうな作品ですし、裏番組にはリンカーンがあったりしますがぜひ見てほしいです。なぜって視聴率がどんどん落ちてるので打ち切られでもしたら困るので(涙) 公式ホームページのリンクをここに貼っときます。
最良の方法が最善の結果を生むとは限らない
今回はレビューではなく、5月10日発売のゲームを紹介します。
タイトルは「ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争」。もとはPSのソフトでそれPSPにリメイクした作品です。かなり前からやりたかったのですが時間などもあまりなく、したことがなかったのでぜひこのリメイクを気にやっていみたいと思います!。自分はやったことはありませんがアマゾンなどのレビューを見る限りものすごく面白そうだし、「最良の方法が最善の結果を生むとは限らない」というセリフが無性に気に入ったりしているのでとても楽しみです。


ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争 ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争
Sony PSP (2007/05/10)
スクウェア・エニックス
この商品の詳細を見る
帰ってきた時効警察 第二話
ついに時効警察のシリーズ第二弾を見れました。先週は時間を間違えて見れなかったので実に久しぶり。知らない人のために説明しますと主人公霧山は警察の時効管理課で、趣味で時効になった事件を調べるという一風変わったドラマです。ドラマの「トリック」に似にていて、なぜか笑えるところが盛りだくさんのミステリー作品です。一話完結なので時間のある人は面白いので見てほしいです。
第二話の感想はといいますとシリーズ一作目と変わっているところがほどんどなく(一応新キャラがいた程度)いつも通り笑えるところがたくさんあって楽しめました。例を挙げますと、屋上で昼食のしゃぶしゃぶ食べる主人公、なぜかテトラポットを買おうとしていた人、不眠不休24時間耐久抽選会、寝ながら空中浮遊する主人公など。来週も楽しみです。
最後にもっと詳しく知りたい人のために公式ホームページを載せときます。

逆転裁判4 第四話
ついに逆転裁判4の最後のレビュー。第四話は第一話と第三話で貼られた付箋を回収しつつ、前作の主人公成歩堂が弁護士をやめるきっかけとなった7年前のが明らかになっていきます。感想はシリーズ第一弾のDL6号事件を思い出させる様な今まで貼られていた付箋を次々と回収していく様がなんとも爽快でした。現代と7年前を行き来し事件の謎を次々と解明していく作業はとても楽しかったです。全体ととしてどても面白かったです。しかし、4話の主人公は成歩堂の側面が強く、オドロキの影が薄かったのはどうかと。

さて全クリをしたところで逆転裁判4全体のレビューをしてみたいと思います。逆転裁判4は今までのキャラクターや設定などを一新して出した作品です。システムのほうはほどんど変わりなかったですがキャラクターのほうは明らかに前作のほうがよかったです。サブキャラクターのほうはそうでもなかったのですが主人公も含め前作よりも落ちてしまったのは実に残念でした。しかし、それとうって変わって謎解きやストーリーのほうはDSの機能をよく使っていたり前作と比べてもそん色なくよかったです。3で物語を完結してしまったので新シリーズと突入したのは仕方がないですが、ファンとしては今まで魅力的だったキャラクターがどこかにいってしまったので全体としてはおもしろかったけどなにか物足りない感じでした。しかし、続編が作られるようなだったのでこれから推理ものとしての面白さを維持したままキャラクターなどをもっと盛り上げていってほしいです。
大人買いってこういうことなのかな~
古本屋で「からくりサーカス」の全巻セットを買っちゃいました。
値段は7500円。なぜこんなことをしたかといいますと、最近あまりいいことがなくなんかちょっと暴走してしまったようでw。 下の写真は買ってきた全巻の様子です。


からくり


逆転裁判4 第三話
逆転裁判4の感想も残り2話。第三話は話よりもまずDSのすごさに驚きました。ムービーがあるわ、曲を自分で検証して証拠するわでアドバンスとの性能差を感じるとともになんか時代を感じましたw。話のほうはとある歌にあわせて事件がおこりそれについての謎をといていきます。この歌が非常に曲者で証拠を探すために何回も聞いて検証してみたり、なぜ歌の歌詞どおりに事件が起きたのかちゃんと考えなかったりと大変でした。ちなみにこの歌は牙流検事がミュージシャン作ったもので彼のミュージシャンとしての設定が活かされたのがこれだけだったのが残念でした。面白さは後半はおもしろかったのですが、全四話中では一番面白くない作品でした。次回はついに最終話の感想を書きたいと思います。

逆転裁判4(通常版)(特典無し) 逆転裁判4(通常版)(特典無し)
Nintendo DS (2007/04/12)
カプコン
この商品の詳細を見る
逆転裁判4 第二話
昨日に引き続き逆転裁判4のレビューを。さて第二話ですが序盤はひき逃げ事件とラーメンの屋台の盗難事件とパンツ盗難事件からはじまって不安だったのですが、徐々にそれぞれの事件が本筋の事件にうまく組み合わさっていき事態が見事に収束します。第二話は全4話通してそれほど重要ではありませんが、全シリーズ通して始め方も含め一風変わったシナリオで予想に反して楽しめました。

逆転裁判4(通常版)(特典無し) 逆転裁判4(通常版)(特典無し)
Nintendo DS (2007/04/12)
カプコン
この商品の詳細を見る
逆転裁判4 第一話
現在逆転裁判4をプレイ中。進行状況は最終話に入ったところです。ブログのネタもあまりないので一話ずつレビューしていきたいと思います。
さていきなり前作の主人公が容疑者になる第一話ですが、さすがといいますかなんといいますか逆転裁判のおもしろさを再確認させられましたw。なぜか多くを語ろうとしない成歩堂、意外な真犯人、新しいシステム「みぬき」。第一話だし、新章のはじめなので簡単な事件かなと思っていましたが序盤から飛ばしてめちゃめちゃ楽しめました。そのかわり前作をやっていた人ならともかく新規ユーザーにとってはちょっととっつきにくいと思います。かといって新規ユーザーでも難しすぎることもないし、今までのところ逆転裁判1~3まで絡みも少ないのでシリーズをやったことのない人でも暇な人はぜひやってみてほしいです。絶対に面白いですから!

table style="width:85%;border:0;" border="0">逆転裁判4(通常版)(特典無し) 逆転裁判4(通常版)(特典無し)
Nintendo DS (2007/04/12)
カプコン
この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。