風が風であることをやめる場所
基本的には娯楽ドラマやマンガなどの娯楽関係のレビューをしていますが、ポイントサイト紹介やニュースについての感想などもしています。あとたまに私事についても
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
亀田を倒してくれくかな
内藤というボクシング選手が世界チャンピオンになりました。記事によりますと同じチャンピオンに3回も挑みようやく勝利することができたそうです。
話は少し変わりますが、初めての対戦では日本人最速記録で負けその後ものすごく努力し再戦してチャンピオンになろうとするのはマンガの「はじめの一歩」に登場する伊達を思い出させてくれます。伊達は負けてしまいましたがこの内藤という選手は見事に勝ったので本当にすごいと思うと同時に感動しました。
最後にこの選手は亀田と戦いたがっているようです。自分は亀田は嫌いなほうなので見事に倒されることを期待しています。ここ
スポンサーサイト
マクロミルとヤフーニュース
以前紹介したマクロミルがヤフーニュースの調査で使われていました。そのニュースについてはこちら。マクロミルについてはこちら
SIMPLE DSシリーズVol.15 THE 鑑識官2 新たなる8つの事件をタッチせよ
今日は5月31日発売したゲームのレビューをしたいと思います。知らない人に簡単な説明をしますと、鑑識官の女主人公が先祖の幽霊と家に代替伝わる猫又と一緒に事件を解決していく話です。こう言いますとまともな推理ものか?、と疑われるかと思いますが内容はまともな推理ものなのでご安心を。これはシリーズ3作目(DSでは2作目)であり、あとシリーズすべてに共通で最後には巨悪と戦うストーリーがあるのも魅力です。公式ホームページはこちら

もう全クリしたので全体の感想を述べますと相変わらず(自分は前2作ともプレイ済み)安定して面白いなと。推理ものではありますがすべての話が殺人事件ものじゃないところが話に幅を持たせているが好きです。前作であまり登場しなかった遠山がたくさん活躍したり、新キャラがでたり、ミニゲームなどもあるなど前作よりも良くしようとする製作者の思いがうかがえます。しかし、近作では車さんが全く活躍しなかったのは残念でした。次回作(あればですが)活躍してもらいたいものです。

時効警察 第八話
題名が「今回、三日月が大活躍する理由は深く探らない方がいいのだ!」となっていましたが探ってみましたw 結果をいいますと、何と今回の話は脚本、演出が主演をしているのがオダギリジョーだったのです(ウィキペディアより)。
だからこそ霧山がいつものようにたくさん出番があるのが限界があるため、替わりに三日月の出番が増えたんでしょうね。あと霧山がステーキを食べてるシーンこのぐらいは許されるでしょうというセリフオダギリさん脚本という立場をうまく利用しているようですねw 
内容はギャクはよかったですが事件はなんだかよくわからなかったです。次回はいよいよ最終回どうやって終わるのかとても楽しみです。
テストです
はじめての記事。これからブログを少しずつがんばっていきたいと思います!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。